ソート リーダーシップ レポート ハイブリッド ワーク リモートワーク

働き方の未来の再検討: 働く場所にさらなる柔軟性を求める従業員

私たちは Momentive と提携して、従業員がハイブリッド ワークについて感じていたことを調査しました。 以下に、2022 年のレポートからの主要なインサイトをいくつかご紹介します。
5 分で読める

更新日 May 20, 2024

公開日 September 25, 2023

The future of work

従業員が望む仕事の場所

オフィス勤務再開に関して、長い間従来の職場形態から離れることは従業員の心情に影響を及ぼしています。 38% の回答者は、オフィスまたは仕事場でのフルタイム勤務が理想的な選択だと回答しています。 10 人中 3 人ほど(28%)のリモート ワーカーはリモートのままがよいと回答しており、この割合は 2021 年(15%)と比べて約 2 倍に上昇しています。

しかし、理想的な仕事環境(リモート、対面、ハイブリッドのいずれか)について尋ねると、従業員は同僚が選択する仕事環境を選ぶ傾向にあります。 自宅でフルタイム勤務の同僚がいる従業員の 64% は、自宅での勤務を希望すると回答しており、同じくオフィスでフルタイム勤務の同僚がいる従業員の 48% はオフィスでの勤務を希望すると回答しています。

従業員は働く場所の選択を希望し、選択ができなければ退職の可能性も

仕事に関して推奨される環境やスタイルに関係なく、このレポートでは従業員の選択が最優先事項であると指摘しています。 69% の回答者は働く場所と働き方を自分で決めたいと考えています。 この選択はすでにリモートで働いている従業員にとって極めて重要になります — つまりリモート従業員の 85% は雇用主が働く場所の選択を許可してくれることが必須であると答えています。

このような選択が重要な理由は何でしょうか?ほぼ半数(45%)の回答者が、自分の希望する場所で働くことができなければ、新しい仕事を探す可能性が高いと答えています。 すでに自宅で勤務している従業員の場合、この割合は 55% に上昇します。 大半(92%)のリモート ワーカーが現在の仕事環境でうまくいっていると実感していることからも、リモート / ハイブリッドの従業員が希望の仕事環境を選択し、維持したいと強く思うのは当然と言えます。

希望する仕事環境の前年比

決定権があるとすれば、どの条件が仕事場として理想的ですか?2021 年2022 年
オフィスまたは仕事場でのフルタイム勤務20%38%
オフィスまたは仕事場での勤務がメイン33%20%
自宅での勤務がメイン32%20%
自宅でのフルタイム勤務15%19%

対面はチーム ビルディングに効果的だが、自宅からでも関係性の構築は可能

2021 年全般を通し、私たちの多くは自宅でのフルタイム勤務を継続し、新しい同僚とはバーチャルでしか会うことができませんでした。 幸いにも、リモートワークはこの重要なワークスペースのつながりを妨げるものではありません。

2022 年、63% の回答者は、昨年における同僚との新しい関係性の構築は「容易であった」または「非常に容易であった」と答えています。 バーチャルでのつながりは、Zoom のようなプラットフォームによって円滑になると考えられる一方、対面でのチームのつながりに参加することを切望する傾向もあります — 62% の回答者は対面でチームのつながりを保つ活動に参加したいと答えています。

リモートで働いてきた従業員について、今後希望するミーティングの参加方法に関する内訳は以下のとおりです。

ミーティング タイプ対面 バーチャル
大規模ミーティングに出席31%59%
小規模なチームでのプロジェクトの作業41%50%
上司との 1 対 1 のミーティング45%46%
グループの前でのプレゼン42%46%
部下との 1 対 1 のミーティング45%36%
新規のクライアントまたは新規のお客様とのミーティング53%33%
チームのつながりを保つ活動58%29%
求職者への面接44%39%
カンファレンスへの参加42%45%

* 上記には「該当なし」を選択した回答者は示されていないため、各合計は 100% になりません。

従業員がハイブリッド / リモート環境で働く準備をする上で鍵となるリソース

ハイブリッド ワーク / リモートワークに対する従業員の準備に関して、42% の回答者はハイブリッド / リモート環境で働く方法についてのトレーニングを受けていたか、関連する教育資料を取得していたと答えています。 働き方がさまざまな形で分散し続けるのであれば、このようなリソースが従業員と企業の成功にとって極めて重要になるでしょう。

Zoom 最高情報責任者(CIO)の Harry Moseley が名付けた柔軟性の時代」に対して、雇用主が従業員と雇用主自身の準備を整える方法についての詳細をご確認ください

働き方の変革にあわせた従業員のサポート

働き方が進化するにつれ、組織は従業員と顧客をサポートするベストな方法を判断する必要があります。 そこで、Zoom ではこのような方法をすべてサポートしています。以下では Zoom の視点の理解に役立つリソースをいくつかご紹介します。

2022 年版「働き方の未来の再検討」レポート全文をご覧いただくか、Zoom ブログに登録して本トピックなどに関する他のソート リーダーシップの投稿をご確認ください。

調査方法

Momentive の手法: この Momentive オンライン投票は 2022 年 1 月 11 日から 14 日の期間に実施され、全国の 4,912 名の成人就業者を対象としています。 本調査の回答者は、Momentive プラットフォームで毎日調査に回答する 200 万人を超える従業員から選ばれました。 本調査のモデリング誤差幅の推定は 2% です。 米国の 18 歳以上の人口構成を反映するため、データは国勢調査局の American Community Survey を使用して、年齢、人種、性別、教育、および地理について荷重されています。

2022 年 2 月 22 日編集部注: このブログは Momentive の研究に基づく追加情報により更新しました

ご愛顧いただいているお客様

Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox
Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox

Zoom - すべてのつながりをひとつのプラットフォームで