レポート Zoom Workplace ミーティングとチャット

より包括的なミーティングを主催するための 5 つのヒント

包括的なミーティングを主催するのは良い習慣です ここでは、すべてのミーティングで、人々が認められ、尊重され、参加していると感じられることを手助けするためのいくつかのヒントを紹介します。
3 分で読める

更新日 May 20, 2024

公開日 September 25, 2023

hybrid meeting in a conference room

1. すぐに同僚を認める

同僚に挨拶し、バーチャル環境でも個人的なつながりを築くために、どんな調子かを尋ねてからミーティングを開始します。 数分遅れて参加した人がいる場合は、全員が同じ状態にいられるように、すぐに彼らをスピードアップしてください。 同僚を認めることで、ミーティングの残りの時間、前向きな雰囲気を作り出すことができます。  

2. 最初にリモートの従業員にフロアを提供する

従業員がオフィスとリモートの両方にいるミーティングを開催している場合は、リモートの参加者が最初に話すようにして、彼らが認識され、参加していると感じられるようにします。 デブリーフィングの時間になったら、もう一度リモートの従業員が最初に話すようにします。そうすることで、彼らは自分の貢献が評価され、ミーティングは時間分の価値があると感じられます。

3. プライバシーを考慮する

誰もが自分のプライベートなスペースを表示することに不快感を感じないように、バーチャル背景やぼやけた背景の使用を奨励します。 休日や新製品の発売などの特別な機会の場合は、チームや会社と同じバーチャル背景を使用してイベントを認識し、団結、帰属、友情の気持ちを高めます。

4. 積極的な聞き手になり、支持する

1 対 1 のミーティングでも大規模なグループ ミーティングでも、同僚に言葉や非言語の手がかりを与えて、彼らがあなたの注意を引いていることを示します。 アクティブなリスニングのジェスチャーは、うなずく、絵文字のリアクションを使用する、ミーティング内チャットを通じてメッセージを送信するなど、いくつかの異なる形式をとることができます。 同僚がミュートを解除したが、彼らの主張を聞くことができなかったことに気付いた場合は、それを指摘して、彼らに発言権を与えてください。 また、セルフビューを非表示にして、話している人に集中できるように、気を散らすものを最小限に抑えることもできます。

5. バーチャルを活用する - 対面であっても

ハイブリッド環境が標準になるにつれて、複数の人が同じ建物にいる場合でも、すべての参加者をバーチャルでミーティングに参加させることがより包括的になる場合があります。 オフィスの同僚が、離れた場所にいる参加者とのミーティングに集まりたいとします。 その場合、Zoom のスマート ギャラリーは、室内の参加者の個別のビデオフィードを作成して、リモートの参加者にはっきりと見えるようにすることで、ミーティングをより公平にします。 バーチャル ミーティングはプレイング フィールドを平準化できるため、誰も取り残されていると感じることはありません。

どこでどのように仕事をしていても、包括性を優先する

より包括的なミーティングを主催する方法については、電子書籍、レポート、ビデオなどの Zoom のリソース ライブラリにアクセスしてください。

ご愛顧いただいているお客様

Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox
Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox

Zoom - すべてのつながりをひとつのプラットフォームで