ソート リーダーシップ

この一年、そしてこれからの一年を考える

ZoomグローバルCIO、Harry Moseleyが2020年を振り返り、個人とビジネスへの影響、そして2021年の展望を語ります。
6 分で読める

更新日 June 17, 2024

公開日 September 25, 2023

Turning to 2021

教育

緊急ではあったものの、リモート学習への移行がどうしても必要であったため、2020年、遠隔学習と遠隔教育の概念はしっかりと定着しました。 子どもたちはこれまでとは違う形ではあってもリモートでも学べることが明確に証明されました。今後は「雪で休校」という概念自体が過去のものになるかもしれません。 リモートモデルで学べることが多い学生も多くいます。 高等教育に進む場合、グローバルにコースを受講することができ、選択肢が増えるため、遠隔教育を受けた経験があれば、大きなメリットになります。 こうした遠隔教育の経験は、若者たちがグローバルな規模で他の同僚とバーチャルに交流する分散型の作業体制で働く上で武器になり、役立ちます。

予測

  • 教育と学習は永遠に変化を続ける:ハイブリッドモデルも定着
  • 今後は、従来型と非従来型の教育、そして企業の学習構造が融合することが予想できます。教育に対する需要は、ただ学位を取るだけでなく、スキルアップ、スキルの再教育、新しいスキル習得のスタック式マイクロ認証を含めたものに変わっていくと思われるからです。
  • ​ハイブリッド環境に対応する学生、教員、スタッフ、各構成員にサービスを提供する組織運営の最適化

医療

相談や審査などのサービスを受けるため、医療の専門家とつながる連絡方法も変化しています。 ​スマートフォンを使用して心拍数、血圧、目視による観察を行うことができるため、往診の診察の必要性が減り、医療従事者の対応範囲が大きく広がります。 これにより、すべての人の生産性が向上し、より優れたライフエクスペリエンスが実現します。

予測

  • 優先すべき事項は、病床数や診察の回数を増やすことなく、医療(ケア)を多くの人に届けられる方法です。
  • 医療従事者は、保険還付金の増額により遠隔医療をさらに推進することができるため、医療従事者にとっても遠隔医療は魅力的な選択肢になるでしょう。
  • ​仮想トリアージ、専門家とのコンサルティング、検査結果の読み上げ予約などのユースケースに対して、遠隔医療サービスの採用が拡大し続けています。
  • メンタルヘルス(心療)やセラピーのセッションは、遠隔医療の中でも急成長すると予想されます。

金融サービス

小売から資産管理、投資銀行に至るまで、金融サービスは大きく変化し続けてきました。 ​英国では、HSBCがZoom mortgages(住宅ローン)サービスを開始し、住宅ローン会社と顧客双方の生産性が向上しました。 投資銀行でもこうした変化は起こっています。Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)は、対面でのミーティングを行わず、完全にZoomのみを通して、ソフトバンクに対して29億ドルの株式公開を実施しました。 銀行家は、世界中を飛び回ることなく、自宅にいながらにして顧客と会って打ち合わせができるため、ワークライフバランスを改善し、生産性を向上させることができます。

予測

  • リテールバンキングの支店からバーチャルバンキングへの劇的な移行
  • 資産管理アドバイザーは、ワンクリックで各分野の専門家とつながり、地理的な境界線とバーチャルプラットフォームを超えて幅広い範囲に対応し、「人間的なふれあい」の価値を世界中に拡大しています。
  • 投資銀行家は、世界中を飛び回ることなく、費用対効果の高い方法で、さらに多くの案件を管理・実行していくことになるでしょう。
  • 調査や貿易取引はバーチャルで分散型になる

その他の洞察

このパンデミックの波及効果は、私たちの生活のさまざまな場面にも及んでいます:

  • 旅行:外出制限(ステイホーム)やソーシャルディスタンスが義務付けられる中、飛行機を使った旅行(移動)の形態は劇的に変化しました。 航空会社は、機内の除菌・クリーニング手順のほか、感染防止対策の強化に力を入れています。 ビジネスの出張は大きな打撃を受けましたが、家族や愛する人に会いたいという気持ちは強く、長期間、外出を制限された後の反動で冒険をしたいという人が増えると見て、個人の旅行は比較的早く回復するのではないかと考えています。
  • イベント:一夜にして対面イベントがバーチャルに変化していくのを確認できました。 大小規模を問わず、イベントは間違いなく再開されるはずですが、ほとんどは講演者や参加者のことを考えて、バーチャル(配信)も同時に行うようになるでしょう。また、ライブで参加できない人のための録画(アーカイブ)も用意されるようになると思われます。 冠婚葬祭や誕生日など、全員が集まることのできない家族のイベントでは、特に大きな影響があるでしょう。
  • 小売:パンデミックの間に、食料品、ベーグル、レストランの料理、さらにはアルコールまで、あらゆる商品の宅配システムが急激に増加しました。 あらゆる種類の小売業者や飲食店が、手数料はかけずに利便性を求めるオンライン消費者に向けて、eコマースの開拓や物流・宅配事業の強化に投資を続けていくでしょう。
  • エンターテインメント:映画館が閉鎖され、テレビ番組の制作が中断され、ライブコンサートや演劇が中止されたことで、Netflixなどの動画配信サービスが私たちのすべてになりました。 Zoomは、「サタデーナイトライブ!」のパンチライン(ジョークのオチ)になりましたが、秋の新シリーズ開始に伴って必要なツールにもなりました。 スタッフミーティングや台本読みなどの利便性が求められるコラボレーションでは、今後もビデオ会議が使用されるのではないかと予想しています。

概略

​これは世界の歴史において極めて重要な瞬間であり、すでに多くの変化が起こっています。 私は、生活にさらに劇的な変化が起こるのではないかと考えています。 「ビデオは新しい声だ」という概念は、パンデミックを経てさらに加速しましたが、世界中でワクチンの接種が本格的に開始した今、この10ヵ月間に経験した記憶は今後も残るでしょう。

バランスの取れた、優れた教育、医療、そして娯楽を追求する私たちの能力があれば、2021年以降は、生産的で自由で幸せな世界が実現できるはずです。生活も家族や友人との時間ももっと楽しめるようになると私は考えています。

ご愛顧いただいているお客様

Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox
Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox

Zoom - すべてのつながりをひとつのプラットフォームで