電話システム Zoom Workplace セキュリティとプライバシー

通話応答に関して Zoom Phone がコミュニケーションを安全に保ち、コンプライアンスを遵守する仕組み

以下に、Zoom Phone 体験にセキュリティを織り込むために役立つ主要機能に加え、このソリューションが満たしている規格と認証をいくつかご紹介します。
4 分で読める

更新日 May 27, 2024

公開日 September 25, 2023

Zoom Phone security

Zoom Phone のセキュリティ機能

暗号化:

  • 256 ビット AES-GCM 暗号化: Zoom は、リアルタイム コンテンツやメディアに、256 ビットの AES-GCM 暗号化を標準として使用しています。これは、Zoom MeetingsZoom Team ChatZoom WebinarsZoom Rooms を介して実施するミーティング、および公衆インターネットを介して転送される Zoom Phone のデータに適用されます。
  • Zoom Phone のエンドツーエンド暗号化(E2EE)(近日リリース予定): 以前は、Zoom Meetings でのみ利用可能でしたが、今年 E2EE 機能が Zoom Phone に拡大される予定です。 Zoom Phone ネットワーク上でオンネット通話する Zoom Phone ユーザーは、Zoom クライアント経由で発生する 1 対 1 のアカウント内通話中に E2EE にアップグレードするという、新しいオプションを使用できるようになります。
  • TLS 暗号化: SIP 登録中、Zoom Phone は TLS 暗号化を利用します。

発信者 ID のマスキング: 通話の目的に応じて、あるいは適用法に沿って、ユーザーは発信者 ID として、直通番号、会社代表番号、コールキュー番号の表示、または番号の非表示を選択できます。 この機能により、従業員の個人連絡先情報のプライバシーとセキュリティがサポートされます。

プライベート ネットワーク ピアリング: Zoom Phone は、安全なインターネット トラバーサルに最適化されています。 その他のトラバーサルに関する考慮事項として、Zoom は、Zoom Phone データセンターと Zoom Phone PSTN サービス プロバイダー ネットワーク間に直接プライベート ネットワーク ピアリング リンクを確立して、データ保護を優先しています。

通話料詐欺: Zoom Phone は、アクセス制御と自動検出機能を利用して不規則な通話パターンを検出し、通話料詐欺の防止に役立てています。 不規則なパターンを発見した場合、弊社のセキュリティ部門は、不正行為の可能性があることをユーザーに通知します。

通話ブロックリスト: カスタマイズ可能なグローバル ブロックリストおよびパーソナル ブロックリストがあると、Zoom Phone ユーザーと管理者はブロックされた電話番号を簡単に追加して管理できます。

コンプライアンス遵守に関するお客様サポート

コンプライアンスは、今日のテクノロジー ソリューションに実在するアプリケーション(Zoom Phone など)にとって基盤となるものです。 Zoom クラウド電話ソリューションでは安全性を確保し、以下の法律、規格、認定の各要件を満たしています。

Ray Baum’s Act と Kari’s Law: Zoom Phone は、サードパーティのソリューションを使用することなく Nomadic E911 サービスをユーザー向けにサポートしています。 Zoom Phone ユーザーは、既存の緊急サービス機能を適切に設定することで、Kari’s Law と Ray Baum’s Act に関して米国で義務付けられている基準を遵守できます。詳しくは Zoom のガイドをご覧ください。

Zoom プラットフォームが満たしている認定、認証、規格: Zoom Phone は、Zoom プラットフォーム全体に適用されるさまざまな認定、認証、規格を満たしています。 これらには、SOC 2 Type II、Cyber Essentials 認定 - NCSC、CSA-STAR 査定(レベル 2)などがあり、情報はすべてこちらで確認できます。

STIR/SHAKEN: 米国連邦通信委員会(FCC)により求められる STIR/SHAKEN 認証規格の一環として、Zoom Phone では [発信者確認済み] のチェックマークをユーザーへの着信に表示して、ユーザーが潜在的なロボコール / スパムコールを特定できるようにしています。 キャリアが発信者を認証し、発信番号の使用を許可されている場合は、チェックマーク アイコンが表示されます。 チェックマーク アイコンは、さまざまな着信シナリオのコールログと着信通知(Zoom クライアント / アプリケーション)に表示されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

レコーディングのコンプライアンス: Zoom Phone の自動通話レコーディング機能は、すべてのやり取りをレコーディングする必要があるユーザーおよびコールキューに対して設定できます。 コラボレーション コンテンツ向けに設定可能なデータ保持期間とデータ ストレージ ロケーションのオプションを備え、お客様がデータの保存場所を地域別に定義できます。 また、Zoom ではレコーディング管理者ロールを作成して、お客様が特定のレコーディングにアクセス可能なユーザーを管理できるようにしています。さらに、お客様がレコーディングを管理できるように設計された堅牢な API セットもご用意しています。

中核的な高安全性のコミュニケーション戦略

Zoom Phone は、お客様を保護、サポートするために設計された Zoom の広範なセキュリティ戦略のごく一部です。 Zoom クラウド電話ソリューションは他の Zoom ソリューションで簡単に活用でき、セキュリティを念頭において構築されたユニファイド コミュニケーション体験の導入をサポートしています。

上述のセキュリティ機能で関連する規格を遵守し、お客様をサポートすることにより、Zoom は使いやすさ、安全性、信頼性を備えた体験の構築に取り組んでいます。

Zoom のプライバシーとセキュリティについては、Zoom トラスト センターにお問い合わせください。

ご愛顧いただいているお客様

Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox
Okta
Nasdaq
Rakuten
Logitech
Western Union
Autodesk
Dropbox

Zoom - すべてのつながりをひとつのプラットフォームで